menu

2019 / 2 / 11

【 エフスタイルの仕事展 】「シナの民芸品」

BLOG 商品紹介

 

【 エフスタイルの仕事展 】

 

「シナの民芸品」

 

 

シナ織りとF/style

 

新潟の山間部に位置する山北町では、日本の古代織物の一つであるシナ布が残っており、今現在もこのシナ織の存在を伝承しようと、シナ布・縄を使い民芸細工が作り続けられています。

 

 

みちのくにまだ蝦夷(エミシ)と呼ばれるアイヌや原住民が住んでいた頃からシナ布(しなふ)は織られていました。

 

フジの皮やコウゾ、麻などしなの繊維で織った藤布(ふじふ)、楮布(こうぞふ)、麻布(まふ)などと共に、シナ布はわが国における古代織物(原糸織物)の一つですが、今ではこの山北町の雷(いかづち)集落の他、二、三の山里でほそぼそと織り継がれているにすぎません。

 

 

シナ布の原料であるシナの木は、日本列島の山間部に自生している喬木です。

 

六月末頃から七月にかけて、樹齢8~10年のシナの木の皮をはぎ、日光に晒し、真夏には集落総出でこれを煮、さらに清流で洗い干し、集落がすっぽり雪に埋もれる冬に、このシナの木の繊維を紡いだ糸や綯って縄にしたもので製品を作ります。

 

 

山北町を訪れシナの存在を知ったことをきっかけに、伝えていく立場として関わりながら、いくつかのシナの商品を考えました。

 

 

シナ布の手さげ袋

 

 

この機会に是非【 エフスタイルの仕事展 】へ立ち寄りください。

 

F/style

http://belluria.ocnk.net/product-list/219

 

べルーリア鎌倉店 営業日
https://ameblo.jp/itembelluria/entry-12435173875.html

 

 

“エフスタイルの仕事展”

 

エフスタイルの定番アイテムがベルーリアへ。

地元新潟をはじめとした地域の産業、職人の技を現在に生きる生活者に届く新しい商品として提案し続けているエフスタイル。

生活の中にいつもあって、なくてはならないモノたち。

エフスタイルの真摯なモノ作りの世界をお楽しみください。

2019年2月8日(金)~19日(火)会期中は無休

※初日8日(金)はエフスタイルのお二人も在店されます。

〒370-0826 群馬県高崎市連雀町11-3

ベルーリア高崎店 ☎027-387-0308

エフスタイルの仕事展

http://belluria.ocnk.net/page/51